岡田厚生堂薬局への問い合わせ
岡田厚生堂薬局への問い合わせ
    
048-431-2079

アトピー・ニキビ・皮膚に関する漢方のご相談は岡田厚生堂薬局 埼玉県蕨市・戸田市・さいたま市・川口市
 

埼玉県蕨市にある漢方薬局 岡田厚生堂薬局は、アトピー・ニキビなどの皮膚疾患や、不妊・生理痛など、漢方の専門家があなたの体の悩みにご相談致します。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎とは、接触した物質で起こる炎症のことで、かぶれとも言います。
接触性皮膚炎には大きく分けると、刺激性アレルギー性に分類されます。
 

刺激性接触性皮膚炎

 肌にある角層は、外からバリアのように守る役割を果たしております。しかし肌が乾燥してたり、傷ついたりすると角層に障害が起こります。その際に肌に接触した石鹸やシャンプー、洗剤、化学物質のような障害部分に接触し、角化細胞を刺激して炎症が起こると考えられております。
 このような炎症は、アレルギー体質でない方でも起こる症状だと考えられます。

ですので、シャンプーを日常的に行う美容師さんや、毎日家事を行う主婦の方(主婦湿疹)に多い症状だと考えます。
 
また、赤ちゃんでもオムツによるかぶれもあり、多くの方が起こりえる症状だと言えます。
 

アレルギー性接触性皮膚炎

 アレルギー性接触性皮膚炎は、日常において使われている様々なモノがアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)となり、肌がかぶれたりかゆくなったりします。


このアレルギー性接触性皮膚炎は、原因となるアレルゲンが人それぞれ違ったり、原因物質が多かったりとします。日常的に使われたり、触れたりするものの中にあったりして、アレルギー性接触性皮膚炎とは気づかない人も多くいるようです。
 
ですので、長引いているかぶれや、何度もぶりかえしてしますかぶれも、もしかしたらこちらのアレルギー性接触性皮膚炎かもしれません。
 
他、ある物質(日焼け止め、虫除けスプレー、香水など)などがカラダに触れた後で光が照射されることで起こる光接触性皮膚炎があり、光毒性とアレルギー性に分けられます。

アレルゲン

いろいろなアレルゲンがございますので、ご参考にしてみてください。

 部位

アレルゲン

髪頭部

ヘアダイ、シャンプー、育毛剤、ヘアピンなど

顔面部

化粧品、外用剤、サンスクリーン剤、メガネなど

目周辺

点眼薬、目軟膏、手に付着したアレルゲン、ビューラー、

化粧品など

唇、口周辺

口紅、リップクリーム、歯磨き粉、マンゴー、金属

耳、耳介周辺

ピアス、頭皮に使用したもの、補聴器、眼鏡

頚部

ネックレス、聴診器、ヘアケア用品、衣類洗剤

接触したもの全て、洗剤、手袋など

上肢

ブレスレット、時計、洗剤

靴下、靴、抗真菌薬

下肢

消毒薬、外用薬

体幹

下着、ゴム、ベルトのバックル、下着の金具、衣類洗剤

腋窩

デオドラント、香水

陰部

コンドーム、外用薬、避妊薬類

日本皮膚科学会ガイドライン参照

接触性皮膚炎と漢方的考え方

接触性皮膚炎は、患部にかゆみを伴う赤い発疹や、ブツブツ状の発疹、場合によっては水疱ができてしまう場合があります。
 
ひどいかゆみ、赤みが強く出ている、また熱がこもっている場合もございます。そのような状態を中医学では血熱と言います。
 
また、浸出液を伴う場合、湿熱がある状態だと考えられます。
 
このような湿を取り除くような中成薬が必要になってくると考えます。
 
また中医学的には、胃腸機能が弱まったりすると、湿が溜まりやすい状態になりますので、胃腸機能を整える場合もございます。
 
中医学のアプローチとしては、体の内側にある要因を取り除くことと、お肌のスキンケアの両面からアプローチをすることが大切になります。体を整えること、スキンケアでバリア機能をアップさせ、繰り返し皮膚炎を起こしづらいお肌づくりをすることが大切です。
 
基本的なことですが、アレルギー性接触性皮膚炎の場合、まずは病院等へ来院し、アレルゲンの特定が必要になってくると思います。
 
また、上記しましたが、スキンケアを行うこともとても大切なので、適切なスキンケアとお肌に優しい化粧品を使うことをお勧めします。
 
当店でもお肌に優しいスキンケア用品を取り扱っておりますので、気になられましたら、こちらをご覧ください。

おすすめの基礎化粧品

お肌にお悩みに方におすすめの化粧品です。