漢方漢方薬中医学梅雨養生

2019.05.23

漢方的梅雨の過ごし方

漢方的養生法

こんにちは。

 

このところ暖かい日が増え、暑いと感じる日も多くなってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

今回のブログはちょっと早いかもしれませんが、漢方的考え方(中医学)から見た梅雨の過ごし方をお話しようと思います。

 

梅雨ってどう感じていますでしょうか。

 

「雨が多い」とか「ジメジメしている」とかでしょうか。

 

中医学では体に影響を与える環境的因子を六淫(りくいん)と呼び、「風」「寒」「暑」「湿」「燥」「火」の6つの種類に分けていて、梅雨の時期は「湿」が体に影響を及ぼすと考えています。

 

その湿の邪気(湿邪)の特徴としては、気の流れを邪魔することと、胃腸の機能に影響を与えることです。ですので、普段胃もたれなどを起こす方や、胃腸の機能が停滞気味の方は、この時期は体の中に余分な湿を抱えやすくなってしまうのでご注意したいところです。

 

湿の邪気に影響を受けると

●体が重だるい

●むくみやすい

●食欲不振

●食べた後にお腹が張る

●口の中が粘っこくなる

 

などの症状が現れやすくなるので、ご注意を。

 

また、先ほど記載しましたが、この時期は胃腸(脾胃)に影響が出やすい時期ですので、もともと胃腸が弱い方などは注意したいところですね。

脾胃の機能が低下すると、せっかく美味しいモノや栄養素の高い食べ物を摂っても、うまく吸収できず、そのせいで体内の血や気がうまく作りだせず、気虚と言う状態や、血虚と言う状態、または両方とも少ない気血両虚という状態になりかねないので、この時期は本当注意したいところです。

 

気や血はお肌と密接に関連しているので、お肌にトラブルを抱えている方なんかは特に注意しましょうね。

 

また、お肌にトラブルを抱えている方で、患部がジュクジュクしているようなお肌の状態の方なんかは、湿邪のせいでひどくなりやすいので、きっちりとしたスキンケアを行いましょうね。

 

ではこの時期オススメ養生や食べ物としては、水はけの良い食材を摂ること。緑豆、もやし、緑豆春雨、サツマイモや山芋、冬瓜などで水の停滞を作らないようにしましょう。

 

それと、この時期暖かくなってきているので、氷の入った飲み物やアイスなどは胃腸の機能の停滞を招きやすくなるので、避けましょう。

それと生物や味の濃いものも同じように胃腸には負担なので食べるのは避けた方がいいですね。

 

梅雨は、ジメジメして天気も悪い日が多く、気持ちも上がりづらいですが、これらを守り養生に励んでいただければと思います。

 

今回のブログはこの辺で。

 

埼玉県蕨市中央5-17-22

岡田厚生堂薬局

岡田茂

tel:048-431-2079