漢方薬埼玉県漢方

2019.03.18

漢方薬の服用はいつ?

食前?食後?食間?

こんにちは。

このところ、暖かい日が続き、それに合わせて花粉が飛び回っていて、花粉症をお持ちの方は辛い日々を送っておりますが、皆様は大丈夫でしょうか?
また、花粉のせいで皮膚炎を起こす方もいらっしゃいますので、合わせてご自愛ください。

花粉での皮膚炎が気になる方はご覧くださいね!
花粉での皮膚炎のお話

今回のブログは、漢方薬はいつ服用する???
です。

みなさまはいつ飲んでますか?
食前?食後?食間?

一般的には、新薬(お医者さんでもらう薬)は食後、食前がいいとか言われていますね。

新薬の場合は、成分が強く胃を荒してしまうために、何かモノを入れた状態で服用するのが好ましい、(全ての薬がそうではないので、服用する前には専門の方にご相談くださいね)と言われておりますね。

漢方の場合はというと・・・

この間、初めて知ったのですが、とある勉強会に参加させていただいた時、講師の方がおっしゃってのですが、
漢方薬の主成分である生薬の多くは、成分とともに糖が含まれており、その糖を腸内の善玉菌が糖とひっつき、糖と成分を分離させる事で成分が吸収できる状態になり、吸収されるそうです。

つまりはそのままでは吸収できず糖と分離しなければならないのですが、そこに他の食べ物(栄養素)があると、そちらの糖と善玉菌がひっついてしまい、分離しなければ吸収できない状態になるそうです。

ですので、漢方薬の服用は「食前」と「食間」が良いと言う結論に至る、とおっしゃっており、納得しました。

漢方は軽いモノから重たいモノまで色々あり一概には言えませんが、吸収のことを考えると食前、食間に服用するのをお勧めしまーす。
(胃腸が弱い方は、食後でもいいですよ)

今回のお話はここまでです。



埼玉県蕨市中央5-17-22
岡田厚生堂薬局
tel048-431-2079