岡田厚生堂薬局への問い合わせ
岡田厚生堂薬局への問い合わせ
    
048-431-2079

アトピー・ニキビ・皮膚に関する漢方のご相談は岡田厚生堂薬局 埼玉県蕨市・戸田市・さいたま市・川口市
 

埼玉県蕨市にある漢方薬局 岡田厚生堂薬局は、アトピー・ニキビなどの皮膚疾患や、不妊・生理痛など、漢方の専門家があなたの体の悩みにご相談致します。

漢方

2018.03.23

漢方的(東洋医学的)春とは

肝にお気をつけ下さい

皆様こんにちは。

このところ暖かい日が続いたかと思いきや、真冬にもどる日もあったりと、まだまだカラダの厳しい日が続いておりますが、如何お過ごしでしょうか。

今回のブログは「春と漢方的考え方(東洋医学)」です。

春というと皆様はどのように事が連想されますでしょうか?
卒業?入学?就職?巣立ち?…
こんな感じでしょうか?

東洋医学的にいうと春=肝です。
春になると眠い、なにかとイライラする、やる気が出ない、なんて感じる方もいらっしゃると思います。
この時期は新しい環境になって体が追いついて行けず、イライラしたり、逆にやる気をうしなったりしたりします。
そんなこの時期に一番影響されやすい臓腑が肝です。肝はストレスに一番影響されやすい臓腑で、その肝がストレスを受けると、肝が不調になるとイライラが溜まったり、怒りっぽくなったり、ため息が出たり、咽が詰る、胸がスッキリしない、上腹部に膨満感を覚えたり、ガスが溜まる、乳房が張る、目の充血、ドライアイなどといった症状が出ると考えられています。
他にも肝が不調になるといろいろな症状に派生したり、お肌にも影響がでてきますので、早目の対処が肝心だと思います。

この時期の養生としは、あまり焦らず少しゆっくりしてみては如何でしょうか。
新しい環境に入る方はもちろんのこと、この季節はストレスを受けやすい季節なので、ストレスフリーな生活を模索してみてください。

当店でも肝の不調により症状が出ている方はいっぱいいらっしゃいます。
漢方で養生をご興味がありましたら、いつでもご連絡ください。

最後に私は鍼灸師なので、肝によいツボとしては、
疏肝理気作用(そかんりきさよう/肝の機能を高めて気の流れを良くする方法)のある太衝(たいしょう)を中心に、合谷(ごうこく)、肝兪(かんゆ)、神門(しんもん)あたりのツボをとるとよいと思います。


今回のブログはこの辺で。

岡田厚生堂薬局
岡田茂
埼玉県蕨市中央5-17-22
tel 048-431-2079