岡田厚生堂薬局への問い合わせ

埼玉県でアトピー・ニキビの漢方相談は岡田厚生堂薬局
 

埼玉県蕨市にある漢方薬局 岡田厚生堂薬局は、アトピー・ニキビなどの皮膚疾患や、不妊・生理痛など、漢方の専門家があなたの体の悩みにご相談致します。

漢方養生

2017.07.18

中医学の定例会に参加してきました

テーマは美と健康のため中医学の知恵を活かそう

みなさんこんにちは。
まだ梅雨なのが信じられないくらい暑い日が続いていますね。
こう暑いと体調も崩しやすいですが、気をつけていきましょう(・ω・)ノ

今日は、昨日参加した定例会で印象に残ったことをお伝えできればと思います。


「美と健康のため中医学の知恵を活かそう」というテーマで張立也先生にご講義いただきました。

まずは、夏の養生法則です。

夏に必要な原則として「夏宣清補」といって、体内の熱を清めながら気血津液(きけつしんえき)を補うというものがあります。
この他にも、夏は気温が高く、汗をとてもかくことで体の潤いや元気も消耗します。また、暑いからといって
ついつい冷たいものに手が伸びてしまうという方も多いと思います。

そういった気候によって生じるものに対しても対策が必要で、体の元気を補い消耗した潤いを与えてあげることや、
冷たいものによって機能低下している胃腸を守ってあげることも夏を元気に過ごすためにはとても大切なんですね。

また、「冬病夏治」といって冬におこる病は、夏のうちに治すという法則が中医学の考えの中にあります。
例えば、毎年のように冬になると喘息の症状に悩まされている方は、夏のうちに体調を整え冬に症状が出ないようにするという養生法です。

このように夏には夏の養生法がありますが、人それぞれ必要な潤いは体質や目的によって変わってきますので、
ご自身に合った養生をしていく必要があるんですね。とても勉強になりました。

今日はここまで、また次回(・ω・)ノ




〒335−0004
蕨市中央5−17−22
岡田厚生堂薬局
℡048−431−2079