岡田厚生堂薬局への問い合わせ

埼玉県でアトピー・ニキビの漢方相談は岡田厚生堂薬局
 

埼玉県蕨市にある漢方薬局 岡田厚生堂薬局は、アトピー・ニキビ・不妊・生理痛など、漢方の専門家があなたのカラダのお悩みにご相談にお答え致します。
アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

日本皮膚科学会によるアトピー性皮膚炎の定義は,増悪・寛解を繰り返す。瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つと言われております。
アトピー素因とは、
①家族歴・既往歴(気管支喘息,アレルギー性鼻炎・結膜炎,アトピー性皮膚炎のうちいずれか,あるいは複数の疾患)があること、または② IgE 抗体を産生しやすい素因をさします。


乳幼児に始まる事が多く、良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら長期間続く皮膚炎で、症状は痒みのある湿疹が中心です。
原因には体質的な事、環境等が関係していると考えられていますが、詳細は分っていません。
乳幼児期に始まったアトピーが大人になるまで続く事もあったり、また一時は治まっていたアトピーも大人になってから再発する人もいます。
喘息、アレルギー性鼻炎、などアレルギー疾患が同時にみられることが多く、様々な要因にさらされる事によって発症すると考えられています。

アトピー性皮膚炎のメカニズム

漢方の世界の考え方では皮膚は内臓の鏡といって、カラダの表面に表れる症状の原因はカダラの内部に原因があると考えます。
ですので、実際には皮膚表面に表れている症状を緩和していきながら、体の中にある根本的な問題を解決していく方法をとります。

根本的の原因

体質的な要因
もともと体が虚弱な方。
特に消化器系や、内分泌・ホルモン系の機能が低い。
皮膚に栄養を与え養うことができない体質。
■環境的な要因
花粉、ダニの死がい、ハウスダスト、粉じん、食物アレルゲン、カビ、化学繊維、石油系界面活性剤などの化学物質、気候気温変化。
心因的なもの
ストレスや自律神経の乱れ、緊張過労などによるもの
 
これらの要因や皆様の体質・生活スタイル、いろいろな事をヒントにして漢方薬の処方に行ってまいります。

ステロイド剤・脱ステについて

アトピー性皮膚炎の炎症の程度が激しい場合は漢方だけで治すのではなく、ステロイド剤を使用した方がよい場合もあると考えます。

ステロイドを自己判断で急に中止したことで、かえって症状が悪化してしまう、なんて事もございます。

漢方を服用したり、日々のスキンケアをしたりして、徐々にステロイドを減らし、
アトピー特有ののブツブツ肌から大丈夫と思える肌を私どもと一緒に目指してみませんか!?

漢方に関して

漢方の服用して炎症を軽減させたり、乾燥を防いだり、体質を改善させ美しいお肌を保たせる事も大切ですが 、日々のスキンケアを見直したり、食生活を見直して胃腸を整えたり、日々の生活スタイルを改善し、ストレスを軽減させる事もお肌には大切な事だと考えます。
 
また、いち個人で情報を集め、独自の判断で漢方を選別し服用すると、よくない効果(副作用)や余計にアトピーを悪化させる恐れがあるのであまりオススメできません。
私どもはそのような効果が起こらないよう細心の注意を払いながら、漢方薬の処方を しております。
皆様のお肌の状態や体質、生活習慣に合わせて皆様に最良の漢方を提案致します。